絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

11月3日、岡崎秋季ピアノステップで演奏してきました

      2017/02/02

ピアノを生涯の楽しみにするために

1年に3度舞台で弾く・・・これが私の毎年の目標です。

舞台で弾くまでには、それなりの準備もいるし、緊張もする。

でも、生徒さんを教えている私にとっては、この経験はサボってはいけないと思っています。

今年は、ピティナコンクールでの連弾、リリオカミングコンサートでの演奏、そして昨日の岡崎シビックセンターコロネットでのステップの3回でした。

この頃は録音禁止が多い中、ステップは身内の録画はOKとなっているので、録画してきました。

風船の雪だるまの演出で、すごくかわいい舞台でした。

ピアノはスタインウエイ。むちゃくちゃ良く響きます。

 

プロコフィエフの「ピアノソナタ第1番ヘ短調」です。

自分の動画(クラシックの本気)をアップするのはとても恥ずかしいのですが、生徒さんにも見てもらいたいです。

今回のこの演奏は、「あぁ、先生も止まるのね」という悪いお手本です。

緊張はしていないのですが、2分おきくらいに集中力が切れているのが分かります。

3人の審査員の先生方の講評

事前に質問を書く欄があります。

今回は「私の音が客席でどのように聴こえているか知りたいです。クリアーに響いていますか」と書きました。

ピティナステップ講評3

フォルテの音など、とてもまろやかで(どう表現したら・・・)なサウンドでとても心地良い響きです!!

あと、メロディーラインが、もっともっとクリアに聞きたいです。

クライマックスの時など、ベースや低音の響きがもっとあると、音楽がさらに立体的になると思います。

 

ピティナステップ講評2

ステップ参加しつづけられていて素晴らしいですね!

音はホールいっぱいに響いています。

さて、次は、優先順位をつけて頂けると、さらにめりはりが出て、何を中心に(こちらも)きいたらよいかが明確になり、すっきりしてきます。

①メロディーをききたいですね。

②その中にすべて音を入れるという作業をお願いします。

また、きかせて下さいね。

 

ピティナステップ講評1

和音の中の内声の音を出したい時、もっとよく響かせるといいです。

和音と和音でスラーのところは、もっと音と音の響きのつながりを感じて下さい。

右手の和音の上の音を、基本的にもう少し響かせると、きれいな響きがします。

特に、メロディーの音はよく歌って下さい。

強弱をもっとつけるといいと思います。

フレーズのはじめ、少し小さくから弾くと盛り上がりが自然にできると思います。

曲の中でもう少し時間をかけて、ゆっくり弾くといいと思う所があります。

ひびかせたい音は時間を少し多めにかけて下さい。

私の感想ピティナステップパスポート

もう、人生の折り返し点を迎えている私にも、優しくかつ厳しい講評がいただけたのはうれしかったです。

すべて、参加の意味だけをほめられたら、なんだか諦められているような気持になってしまうもの・・・。

どの先生も、「メロディーラインをしっかり」と書いて下さってること。

この曲は、私にとって、初めて弾くプロコフィエフで、メロディーがなんとも素敵で選んだので、そこをもっと大事にしなければということですね。

右も左も和音が多く、なんだか、ズドンズドンした音楽になってしまった原因も、よく分かりました。

40代に入ったころから、昔、弾けていたエチュードなどがどんどん弾けなくなり、これではいけないと始めたステップ。

今回で8回目。

課題曲のないフリーなら、好きな曲を選べるので、これにめげずにまた新しい曲を弾いていきたいです。

今回はグレイトばかりだったので、いつか是非「感動した!!」のブラボーをいただけるように頑張ります。

初めてもらったご当地シールの岡崎城、ちょっとうれしかったです。

生徒さんも、本当に初期の段階から出られるし、先生との連弾でも大丈夫なので、こんな感じだよとお伝えしたいです。

本当に小さい生徒さんには、ピアノをずっと続けて欲しい願いから、優しい言葉がたくさん添えられ、励みになりますよ。

次は2017年3月20日(月、祝)岡崎春季ステップ 今回と同じ岡崎市シビックセンターコロネットであるそうです。

 - ピアノコンクール、発表会について, 講座、勉強会

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピティナ指導者ライセンス2017 春季問題
ピティナ指導者ライセンス2017春季筆記試験を受けて

5月11日、池下の日響楽器さんで試験でした ピアノ指導をしていることだし、受けて …

ポインセチア新種
きしたピアノ教室 冬休みです

2017年12月22日 クリスマス会でした 今年は年長さんから小学校5年生までの …

丸子あかね先生 リズムの本
丸子あかね先生の「譜読みの基本」の講座に行ってきました

「うちの子、3年もピアノやってるのに楽譜が読めないんです」 この言葉は衝撃的でし …

ピティナピアノ安城2
ピティナステップ安城秋季2018

2018年9月16日 安城市昭林公民館ホールにて ピティナピアノステップが行われ …

オーケストラ
ピアノ発表会で、花束のカサコソ音はどう響く?

ピアノ発表会は聴くマナーも覚えましょう 音楽をやる機会のない家庭では、演奏会とい …

ピアノ発表会のクッキー
知立リリオ・コンサートホールでの発表会を終えて

品のあるピアノ発表会になりました 出演してくださった生徒さん、保護者のみなさま、 …

第2回ヤマハジュニアコンクール
知立リリオにコンクールを聴きに行ってきました。

ピアノフェスティバル2017 幼児部門   先週と今週、第2回ヤマハジ …

音のイメージ 水
角野美智子先生のピアノのセミナーに行ってきました

真に音楽好きな子供に育てる指導とは この季節、ピティナのコンペが行われるので、課 …

遠藤蓉子先生ピアノ講座
ピアノテキスト選びの講座に行ってきました

ピアノのテキスト増えています 楽譜屋さんに行くと「ブルグミュラー25番練習曲」に …

ピティナステップチラシなど
ステージで演奏することの意義はとても大きいのでおすすめです

楽器を習ったら是非ステージ演奏をして下さい 小さいころから、ピアノ教室では、発表 …