絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

*

a href="https://kishitapiano.com/form">*

きしたピアノ教室へようこそ!

幼児、子供、小学生指導を得意とする、安城市百石町のピアノ教室です

ピアノは初めの段階のレッスンが大事。
指の形から始まり、音符の読み方、リズムのとらえ方、指使いなど、講師の教え方によってのちに、直すのにとても苦労することにもなりかねません
その難しさは、講師も一番気をつけながら教えていきます。また、ソルフェージュが大事と言われているように、横で常に私が歌ってレッスンをします。
ピアノはただ弾くのではなく心でうたって弾くのだということを、体で覚えてほしいです。

 

個人レッスンのいいところ、まずは、先生のマネから

私は見本を見せられる、聴かせられる講師でありたいと思っています。
せっかくの個人レッスンですので、弾く時の姿勢の見本、悪い指の見本、きれいな音の見本、初心者の段階では、まず、おけいこ事の基本として、マネからスタート。

悪い見本は、時には生徒さんが大笑いして自分で気付き、直してくれる場面でもあります。
その後、本人に音楽を譲っていく形を取りたいです。

将来、絶対にピアノがイヤだったと言わせないレッスン

ピアノ雑誌のアンケートなどで、ピアノが嫌だった。先生が嫌いだった。練習がイヤだった。
という言葉を見ると、悲しくなります。
ピアノという楽器は誰でも最初から音を出せる、素晴らしい楽器です。
きっとみなさん興味はあるはず。練習がイヤになるのは譜が読めないからです。ひらがなのようにすらすらと読めれば解決します。
もし、小学校高学年で部活が忙しくなってどうしても練習時間が取れなくなった時には、1曲のレッスンや左手コードのポピュラーにも挑戦できる教室です。
個人個人に合った、レッスンを見つけ出しますので体験レッスンを是非どうぞ。

ピアノでつくチャレンジと自信

毎回レッスンで何かの曲がマルになると、また1曲進んで新しいチャレンジが始まります。生徒さんの1年の進歩にはお母さん、お父さんが驚かれます。

そして、勉強にもスポーツにもチャレンジできる力がついてきます。

学校で休み時間(愛知では放課)にオルガンで校歌をさらっと弾いたりすると、もう学級のヒーロー、ヒロインです。
ピアノ教室というと、固いイメージですが、学校でもお友達がオルガンの周りに集まってくる「ねこふんじゃった」や「ミスドのCM」、「ゲームの曲の初めの部分」なども せっかくですからレッスンで覚えてしまいましょう。これが子供さんのひとつの大きな自信となります。

一生で一番深く、長くつきあった友達はピアノだった

ピアノ
楽しく自分らしく生きられれば一番。でもお子さんには、これからの長い人生、つらいこと、逃げたくなること、投げ出したくなることもあるでしょう。
そんな時、音楽が慰めになれば、心の癒しになれば、ピアノを習っていたことが、とても意味あるものになります
私自身も、一番ピアノに救われたのが、高校受験の時、一人暮らしでさみしい時、人間関係で疲れた時です。好きな曲を弾いているだけで心が、穏やかになります
お子さんにもそんな友達としてのピアノとの人生、歩ませてあげられたらいいなと思いませんか。

きしたピアノ教室  木下真由美


          

公開日:
最終更新日:2017/04/23