絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

「バイエル」でピアノ教室を辞めてしまったお母さん方へ

      2017/02/02

安心して下さい。今はもっといい教本で進めます。

難しいですよね。「バイエル」。

ヘ音記号で分からなくなった方、黄色のバイエルで挫折された方、いらっしゃいますよね。

今、楽譜屋さんに行くと、こんなにバイエルの教本があります。

ツルタ楽器さんで、了解をいただき写真を撮ってきました。

これでも一部です。

こどものバイエル赤黄色

カワイ出版「バイエル上下」

こどものバイエル音楽之友社

音楽之友社「バイエル上下」

懐かしいですよね。

 

私が大人になって出版されたものは、これ。

こどものバイエルドレミ出版

ドレミ出版「バイエル」

ミッキーのこどものバイエル

ヤマハ「バイエル」

バイエルというのは作曲者の名前で、この教本は本当は106番まであります。

ト音記号から始まり、途中で急にヘ音記号が追加されるのが、難しいところです。

ドソミソ伴奏が多いのも特徴。

男の子の不器用さには向かない感じです。

今の子は、昔からの上下の分厚い教本をやるのは大変。

ということで、106曲の中を抜粋したり、順番を変えたりしながら5巻に分けたものが今のものです。

本も薄く、題名までつけてイメージがわくようになっています。

ミッキーの絵にも惹かれます。

でも、根本の曲は同じ。

急に8分の6拍子が出てきたり、複付点が出てきたりと難しいです。

こんなにいっぱいバイエルが出ているのは、保育の関係でまだ需要あるからなのでしょか。

出版社もいろいろと考えていますね。

きしたピアノ教室では、保育に進むかもしれない生徒さんにだけ、5巻のみを使うことにしています。

今の時代のピアノ教本と教え方は・・・

私は、小さい時からタッチタイピングのような、初見のきく生徒さんを育てたいと思っています。

ポジションが固定されているうちに、手を見なくても弾くことが出来るくせをつけてしまいます。

そうすると、2年生、3年生の頃の曲の仕上がりのスピードが速くなり、譜読みのストレスはどんどん減っていきます。

まずは、弾ける手になったら、真ん中のドに両手の親指をそろえて置くポジションの曲。

真ん中のドポジション

 

うたとピアノの絵本より

「うたとピアノの絵本」です。

最初からへ音記号が入っています。

もちろん、片手から入る小さい生徒さんもいますが、基本はここを通ります。

このポジションでかなりたくさんの曲を弾かせます。

そして、譜読みや指の形が慣れたところで、左手もドレミファソのポジションへ。

両手ドレミファソポジション

ピンクが新しく覚える音です。

ヘ音記号のドレミファソ

ぴあのどりーむ

こんなに、音の少ない曲からチャレンジ。「ぴあのどりーむ」です。

左手の移動に戸惑いますが、右手と同じ音の並びになっているので、それが分かれば大丈夫。

この段階でもうシャープやフラットも出てきて、音楽的な曲が弾けるようになります。

アルフレッド

男の子はアメリカ系の絵が好きですね。「アルフレッド」です。

ソラシドレの曲になる時は少し新鮮

両手低いソラシドレポジション

新しく覚えるピンクが多いですよね。

また、今まで弾いてきたドレミファソから、場所も指番号と音の一致も変わるので、ちょっと大変かもしれません。

なので、このポジションに入る時には、今までのポジションと同時進行にして、必ずマルが1つはもらえるうれしさを忘れずに…。

次は、このポジション。

両手ソラシドレポジション

そしてファソラシドをやり、音階に入るという流れです。

 うちの子にバイエルはできるかしらという心配はいりません。

最近のピアノは、小道具やカードなど、いろいろなもので楽しく出来るように変わってきています。

昔の教え方とは大違いです。

教本も今日、ご紹介したものの他にもたくさんあり、その子その子に合ったものでしっかり力をつけていきます。

堅苦しいピアノから、楽しいピアノへ。

これからピアノを習う生徒さん、お待ちしています。

 - きしたピアノ教室へのお誘い, 使っている教材

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピアニカ指番号
安城市の小中学生のみなさん、夏休みですね

百々目木(どどめぎ)公園ではセミが鳴いています こんにちは、安城市百石町のきした …

初期ピアノ楽譜
保育士を目指すならバイエルを使うレッスン、そうでないなら使わない

私が好きな導入の楽譜、バスティン・グローバー・アルフレッド とても小さいお子さん …

ピアノのための幼児のドリル
ピアノ教室で使っているドリル

幼児用のドリルは楽しみながら ピアノを弾く前には、音符の読み方、拍の数え方、鍵盤 …

木下真由美アレンジ楽譜
レベルに合ったピアノ楽譜アレンジを、生徒さんに

楽譜を書くことが苦にならない私です 生徒さんが、少し弾けるようになると、「これ、 …

ピアノ教室玄関
きしたピアノ教室の冬じたく

玄関にはインフルエンザ予防を 最近は、夕方暗くなるのが早くなってきました。 そし …

夏休み
きしたピアノ教室あるある おもしろい生徒さん

安城市、西尾市、高浜市の生徒さんは、今日から夏休み この頃、安城市だけではなく、 …

ピティナ指導者ライセンス2017 春季問題
ピティナ指導者ライセンス2017春季筆記試験を受けて

5月11日、池下の日響楽器さんで試験でした ピアノ指導をしていることだし、受けて …

絶対音感のハタ
ピアノ教室 個人レッスンのいいところ

絶対音感をがんばっている生徒さん 和音をハタの色を使って聴き分ける練習を、30分 …

幼児どろんこ遊び
安城市の幼稚園、どこがいいのかな?

幼稚園の申し込み、私の場合 初めての子供を、どこの幼稚園に行かせるか、大問題です …

ピアノ教室出席カード7
2017年度ラストのピアノレッスン

みんなのこれまでの出席カードの様子 昨年の4月からのカード、毎回レッスンに来るた …