絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

小学生から始めるピアノのレッスン

   

かわいい生徒さんが増え少し忙しい、うれしい毎日です

ピアノを軽く習ってみようといらっしゃる生徒さん。

また、楽器の問題や、練習ができるか本気で考えていらっしゃる生徒さん。

さまざまです。

この生徒さんは後者の方。

小学生です。

まだ、楽器がないため十分な練習ができません。

でも、一生けん命工夫して練習してきてくれています。

もう両手の曲をどんどん弾いています。

今日は、休符のところの後の音を間違えてしまうので、レッスンでしっかり、そこの練習をしました。

全休符の意味

全休符という、この曲の場合4拍休む所が左手に出てきます。

そのあとの音を間違えて弾いてしまうのです。

手はドレミファソから動かない曲なのに、どうしてもお休みしている間に、手がほんの少し動いてしまっています。

注意は「やすむとき、けんばんの上」。

また、「用意は、できたら、4拍のお休みの中の1拍目でしたいね。」とアドバイス。

何回かやっているうちに、コツがつかめたようです。

手の形の注意も

これは、ピアノの先生なら、どなたでも注意する指の形。

ピアノをひく指悪い形

あまり、毎回毎回同じことを言われるのも嫌だと思うので、あれこれ試しています。

指のボードを使ったり、ふたに写っている指を見たり、写真に撮ってみたり。

今日はゴムボールで試してみました。

このごろ、手作りのゴムボールのボードがよく使われています。

これは、その前の段階のもの。

ピアノを弾く指

丸く!というと丸めすぎて、爪で滑ってしまう生徒さんが多いですが、このゴムボールは半分に切って鍵盤に置くだけ。

それで、このきれいな指になります。

滑らないので、とても使いやすいです。

ピアノを弾く指ゴムボール

ドレミファソ全部の指の位置に置いて弾いてみました。

指のこの部分が鍵盤に当たるんだよと、わかりやすい小道具です。

と、ゴムボールを使ったすぐあとは、いい指なのですが、また戻ってしまう・・・。

本人の努力とこちらの試行錯誤ですね。

あとは、クリップなどで筋トレして、いい指でいい音を目指したい生徒さんです。

初の聴音もやってみました。

初めてなので、書き方から。

聴音

最初にト音記号を書く。

次に、拍子記号。

次に、終止線。

次が大事なのですが、空白の半分のところに線。

またその半分に線、線で準備OK。

今日は初めてだったので、聴きながら大きい白音符で書いていきました。

これは、まだしあげの途中です。

初めてにしては、ミとレが分かりやすくとってもきれいに書かれていますね。

先生の見本の方が雑ですみません。

難しい聴音になると、簡単な棒音符で書かせる場合も出てきます。

まだまだこれからが楽しみです。

 

絶対音感を取り入れた小さい生徒さんも増え、みんながんばっています。

決して無理はさせないように、でも耳の力は小さいうちにつけてあげたいなと思っています。

 - 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ソラシドレのカード
ピアノの書くレッスン、読むレッスン

ソラシドレのカードを使って読むレッスン 先日作ったカードを、実際に2人の生徒さん …

きしたピアノ教室 最近、にぎやかです。

今日も安城は雪がちらつく寒さでした こんにちは。 みなさん、体調はいかがでしょう …

おんぷ・にこにこ・ワーク
ピアノ教室でのドリル・ワーク

おんぷ・にこにこ・ワーク4が終わりました。 もう、レッスンが軌道にのってくると、 …

デージーの花
平成29年度、安城市内の小学校の入学式です

4月6日、ご入学おめでとうございます 今日は、安城市内の小学校の入学式でした。 …

Yちゃん写譜
ピアノ教室の夏休みの宿題

写譜・・・楽譜を写すということ 昨日も今日も、安城は暑い、暑い、暑い。バテていま …

合唱 ピアノ伴奏 画像 
学校の合唱のピアノ伴奏を引き受けること

これから、学芸会、文化祭、合唱コンクールの季節です きしたピアノ教室でも、規約に …

ちょうちょうコード奏法
安城市立桜町小の就学時健診があったようですね。

桜町小へ来春入学予定のみなさん、小学校はどうだったかな。 数年前に、初めて子供を …

絶対音感のハタ
ピアノ教室 個人レッスンのいいところ

絶対音感をがんばっている生徒さん 和音をハタの色を使って聴き分ける練習を、30分 …

きしたピアノ教室夏休みの宿題
ピアノ教室の夏休みの宿題

「ピアノを習っている」と言えるために 毎朝、前の百々目木(どどめぎ)公園のセミの …

リズムの本2
30分のピアノの個人レッスンですること

ピアノレッスンの始めの5分 30分のレッスン、なかなか長いようでもありますが、い …