絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

ピアノを弾く手を作るお手玉

      2017/02/02

基本は丸い手

ピアノは、どんな指でも、ある程度の力があれば音が出ます。

なのに、なぜ先生たちはみんな、「丸い指で」というのでしょうか。

これは、指の力を付けていくためです。力がつけば、脱力も楽になります。

指の力がないまま、ピアノのレッスンを進めていくと、いずれ、たたくような弾き方になります。

これは、力の入った弾き方で、きれいな音ではありません。

 

小さい年齢のお子さんには、グランドピアノの鍵盤は重すぎます。

そこで、私の教室では、げんこつの骨がしっかりしてきた頃から、ピアノを触るようにしています。

お手玉の活用

ピアノを弾く手の形

この手の形は、確かに丸いのですが、指先を丸めようとした結果、手首が上がりすぎています。

そして、げんこつの骨は少し低くなっています。

もっと、指先をこちらに引っ張る力を付けるとげんこつの骨も、しっかりしてきます。

お手玉による手の形ピアノ用

きしたピアノ教室のお手玉。

かなり大きくて重いです。

中には、ポップコーンのもとの乾燥とうもろこしが250グラム入っています。

この大きなお手玉を、「かたつむり」や「むすんでひらいて」に合わせて、リズム感よく、ギュッ、ギュッと強く握ってもらいます。

まだ、力が足らない生徒さんには、かなり疲れる運動ですが、歌に合わせると、楽しくできます。

これは、ずっと前に、藤原亜津子先生のセミナーで教わったお手玉。

この大きさ・重さが重要なのです。

手首を柔らかくするためにも使います

このお手玉を利き手で上に投げて取る。

普通のお手玉より重いので、これだけでもなかなか難しいものです。

それをだんだん、手首のスナップをきかせて取るようにしたり、片手ずつ往復させたりいろいろと変えます。

コツがつかめると、そのスナップのきかせ方を、ピアノに応用できます。

腕がカチカチだったのが、手首でスタッカートできるようになります。

教室に、4つ用意してあります。

たまに、先生とキャッチボールになったりもしますが、とても役立つアイテムです。

 - ピアノ練習について, 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピアノを弾く女の子
やっといつものピアノ教室に戻りつつあります

きしたピアノ教室、やっと通常です 子供は夏休みでも、お母さんお父さんは、忙しく7 …

ピアノのための幼児のドリル
ピアノ教室で使っているドリル

幼児用のドリルは楽しみながら ピアノを弾く前には、音符の読み方、拍の数え方、鍵盤 …

合唱のピアノ伴奏
学校でピアノの伴奏者に選ばれるということ

ただいま、伴奏の子のレッスン真っ最中 いつも、レッスンに通ってきてくれる男の子。 …

くおんのおんぷシール
音符を読めるようにするシール活用

おんぷシール活用 先週は暑かったのと、学校や幼稚園がもうすぐ夏休みに入るので、ち …

ピアノ補助台
ピアノを弾く時の姿勢

ピアノを弾く時、足はどこにある? 先週から今週にかけて、生徒さんに、ピアノを弾く …

ピアニカ
ついに全員、譜面を見て弾くようになった!!

読譜は、ピアノを弾く第一歩 えっ、今頃? と言われるかもしれませんが、やっと生徒 …

ピアノの花マル
ピアノレッスンで曲をマルにする時

レッスンで花マルはうれしいですね。 ピアノは、レッスンで宿題が出て、その練習をお …

リズムの本2
30分のピアノの個人レッスンですること

ピアノレッスンの始めの5分 30分のレッスン、なかなか長いようでもありますが、い …

グランドピアノの中身
ピアノ教室に行くとうまく弾けない!!

「おうちでは、もっとうまく弾けたのに・・・」 時々、生徒さんがレッスンで言います …

ソラシドレのカード
ピアノの書くレッスン、読むレッスン

ソラシドレのカードを使って読むレッスン 先日作ったカードを、実際に2人の生徒さん …