絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

ツェルニーの練習は面倒くさいよ

   

初級を終えて、ツェルニーの練習曲

かっちり、きっちり、そのまま練習曲。見た感じもかたいです。

ツェルニー第1過程練習曲

和音がいっぱい。

16分音符がぎっしりでむずかしそう。

ツェルニー第1過程練習曲表紙全音版

全音版 ツェルニー 第1過程練習曲 より「33番」

今使っているのは、このツェルニー

ツェルニーと聞くと、100番練習曲や110番練習曲、そして30番練習曲が有名ですが、今の子供たちには、100曲や、110曲弾いて、それから30番に入ってなんでいっていられない。

忙しいです。

で、私は、いろいろなツェルニーから抜粋して作られているこの本をよく使っています。

ツェルニー30番の前に

ドレミ楽譜出版 ツェルニー練習曲(上)

100番の練習曲の後半の曲中心に、上に載せました第1過程練習曲や、ツェルニー125のパッセージ練習まで、たくさんの練習曲が次の30番にスムーズに入ってゆけるように、並んでいます。

上の曲はこんな風になっています。

ツェルニー ピアノの練習

指使いもまったく変わらず、しっかりしています。

たまに、編著者独自の指使いに変えてしまっている本もあるので、そこはチェックしています。

ツェルニーは終わりの2小節、または4小節にカギあり

「終始」と呼ばれる、終わり方が独特で、しっかり弾けるととっても満足感があります。

和声的には、最初から最後まで、ハ長調のいち(ドミソの仲間)、よん(ドファラの仲間)、ご(シレソの仲間)の3つで成り立ち、分かりやすい曲。

もともと、練習曲なので、なにか、目的をもって曲が書かれているはず。

この曲の場合は、16分音符を両手揃えてきちんと弾くこと、後半、伴奏のパートになった左手の16分音符も転ばずに弾けることでしょうか。

それが、最初からずっと続いていって、最後にガタガタ止まってしまったら悲しいです。

私も、上の曲は☆印のところを徹底して、分けて教えました。

いきなり今までにない、右手の和音の連続、おまけに、指使いがなんだか弾きにくい。

なぜ???

この和音の連続、ただ弾くのではなく、次へ次へと音楽が動いていくため、用意をしながらの指使いなのです。

まずは、ひとつずつの和音をゆーくり、ゆっくり確認。

その後、やじるしの前後の2音だけを、指に覚えこませるように何回も弾く。

頭が疲れます。

そのあと、左のオクターブの指開きを確認。

そして、頭が右手を忘れそうになっているところで、もう1度さっきの右手の2音のつながりを思い出しながら、ゆーくり弾いて・・・。

それからやっと、ゆっくり両手です。

でもまだ止まってしまうので、そこはうちで1週間の練習。

というわけで、ツェルニーの最後のとっても大切なしめくくり、しっかりおさめるように弾きたいです。

 

以前、ツェルニーの30番練習曲は、「1番から30番まで、最後の8小節だけをまず先にやっちゃうのよ」と言われた先生もいました。

30番は長い曲なので、終始も少し長くなり最後の8小節は特に弾きごたえがあります。

ツェルニーはあのベートーベンの弟子だったことがあり、ピアノを弾くのに大変苦労したことから、とてもたくさんの練習曲を書きました。

小さい頃、私も弾いていてあまり面白くないツェルニー練習曲でしたが、かちっとしたピアノ曲を弾く時にはとても役に立ちます。

いつも最初から弾きたくなるけれど、グッと我慢して、最後の部分の取り出し練習を先にやってしまいましょう。

面倒くさいけれどね!!

 - 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピアノのための幼児のドリル
ピアノ教室で使っているドリル

幼児用のドリルは楽しみながら ピアノを弾く前には、音符の読み方、拍の数え方、鍵盤 …

ソラシドレのカード
ピアノの書くレッスン、読むレッスン

ソラシドレのカードを使って読むレッスン 先日作ったカードを、実際に2人の生徒さん …

かわいいサンダル女の子用
きしたピアノ教室あるある かわいい生徒さん

ピアノの先生って、いつも生徒さんからの刺激がいっぱい 小さな子といつもおしゃべり …

Yちゃん写譜
ピアノ教室の夏休みの宿題

写譜・・・楽譜を写すということ 昨日も今日も、安城は暑い、暑い、暑い。バテていま …

ブルグミュラー25の練習曲
ピアノの初級が終わったみなさんに「ブルグミュラー25番」

「ブルグミュラー25の練習曲」とは? ピアノを初めて、3年くらいすると、一段階レ …

グランドピアノの中身
ピアノ教室に行くとうまく弾けない!!

「おうちでは、もっとうまく弾けたのに・・・」 時々、生徒さんがレッスンで言います …

ピアノを弾く手の形
ピアノを弾く手を作るお手玉

基本は丸い手 ピアノは、どんな指でも、ある程度の力があれば音が出ます。 なのに、 …

子供も大好き、かわいい付箋、でも・・・

私の試行錯誤 小さい子供さんに、楽譜をすぐ開かせるには、と考えて・・・ クリップ …

おんぷ・にこにこ・ワーク
ピアノ教室でのドリル・ワーク

おんぷ・にこにこ・ワーク4が終わりました。 もう、レッスンが軌道にのってくると、 …

ピアノを弾く子供
子供の生徒さん限定にしている理由

きしたピアノ教室は子供の生徒さん用です まずは、私が子供が大好きだということ。 …