絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

ピアノ教室で使っているドリル

   

幼児用のドリルは楽しみながら

ピアノを弾く前には、音符の読み方、拍の数え方、鍵盤の並びなど、とてもたくさんのことを覚えます。

最近は、小さい年齢のお子さんでもレッスンがスムーズに始められるように、たくさんの教本やドリルが工夫されています。

年中さんくらいだと、まず、音符に使うマルを書くこともなかなか大変です。

ドリルには、そんな悩みを解消しながらたのしく進められる、そしてピアノにつなげられるものがあります。

ピアノのための幼児のドリル

年長さんの男の子がやってきたページ。

もう、ドから順番にやっていてソをぬるところまできています。

ソの鍵盤色塗りカラフル

このページはとってもカラフルで、一生懸命時間をかけておうちで楽しくやってきた感じが伝わってきます。

こういうページが何回も何回も出てくることで、子供の記憶が定着してくるのだと思います。

ピアノ教室で使っているクレヨン

まだ色鉛筆やクーピーで筆圧がなくて、きれいにぬることができない生徒さんのためのクレヨン。

きしたピアノ教室で使うクレヨン

パイロットのクレオロール

パイロットのクレオロールというのを使っています。

上の色の部分をクルクルと回すと、芯が出てくるタイプです。

折れないし、手が汚くならないので、すごく助かっています。

本当は、もっと色がたくさんあります。

とても発色がいいです。

近所の「B2」で買いました。

黒は、鉛筆の代わりに使ってもらって、線結びをしたりする時もあります。

小学生のドリルは

ピアノ教室小学生のドリル

さすがに、学校のテストのように難しくなってきます。

弾くことが出来ている上に、この「楽典」と呼ばれる音楽の決まりが身についていると、将来、バンドを組む時などでも、わかりやすいと思うのです。

小学生の生徒さんには、毎回1ページずつくらいを宿題に出して、間違えて覚えていたら直すという感じでやっていきます。

チリも積もれば・・・です。

 

もう今週はかなり暑い中、運動会に向けての練習が2時間単位で、各小学校で行われている様子。

特に1年生は、初めての並び方の練習や行進の練習でぐったりです。

弾く宿題は、いつもより少な目に出しました。

急に暑くなってきたので、体調管理に気を付けたいですね。

 - 今日のレッスンの内容, 使っている教材

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

合唱 ピアノ伴奏 画像 
学校の合唱のピアノ伴奏を引き受けること

これから、学芸会、文化祭、合唱コンクールの季節です きしたピアノ教室でも、規約に …

ピアノコンクールおめでとう
夏休みにピアノコンクールでがんばった生徒さん

Hちゃん、グレンツェンコンクール入賞、おめでとう この夏は、自分も含め、3つのコ …

全休符の意味
小学生から始めるピアノのレッスン

かわいい生徒さんが増え少し忙しい、うれしい毎日です ピアノを軽く習ってみようとい …

両手の弾き方
導入がうまくいった生徒さんはピアノが楽しくなる

音符が読める、リズムがわかる 秋頃から増えてきた、生徒さん。 まっさらな状態でピ …

ブルグミュラー25の練習曲
ピアノの初級が終わったみなさんに「ブルグミュラー25番」

「ブルグミュラー25の練習曲」とは? ピアノを初めて、3年くらいすると、一段階レ …

ピアノ指番号ゲーム
ピアノの指使い、すぐできるゲームを作りました

ピアノ、両手になると指使いが??? 指使い、私はとっても大切だと思っています。 …

安城市の風景4月
4月なのに寒いですね

安城は麦の穂が揺れています 昨日、今日と、4月とは思えない寒さです。今朝はまた …

ピアノを弾く子供
子供の生徒さん限定にしている理由

きしたピアノ教室は子供の生徒さん用です まずは、私が子供が大好きだということ。 …

安城市きしたピアノ教室玄関
1月15日、今朝の安城市、雪景色

きしたピアノ教室の玄関も 昨日の夜から、激しく雪が降りましたね。 この冬初の積雪 …

ピアノ楽譜
自分で楽譜を開くこと・・2分の節約

楽譜を自分で開く重要性 レッスン室に元気に来て、楽譜をポンと置いて座り、弾き始め …