絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

ピアノ楽譜の記号って難しい?

      2017/02/02

今日のレッスンは

1年生になったばかりの男の子。

いつもいろいろなお話を聞かせてくれて、楽しいのですが

ここ2週間続けて、疲れた様子。たずねてみると、お昼寝の途中だった

ことが分かり、少し安心。まだ小学校に入ってから、間もないから

疲れるの、すごくよくわかります。歩いて学校に行って、みんなと

新しい友達関係を作って、家に着いたらホッとするもんね。

明日からは連休に入るから、自分のペースがつかめるといいね。

ピアノを習い始めてから

1年半くらいのその生徒さん。順調に真ん中のドポジションから初めて、

左もドレミファソのポジションに移り、ソラシドレポジションまできました。

手を見ないで弾くことが出来るので、今はゆっくりのペースですが、

もう少しすると読譜はどんどん早くなると思っています。

シャープとフラット

ピアノの記号ピアノの記号指の練習の本に加えて、2冊別々のシリーズの本で、レッスンしています。

ソラシドレの本がずいぶんうまくなっているところに、もう1冊の本に

シャープとフラットが同時に出てきました。

この同時にというのが、なかなか混乱します。

私たち講師はもうあたりまえのことが、子供にとっては初めての記号、

読み方、意味、弾く場所まで覚えるのですからたーいへん。

昔は、バイエルでシャープ4つまでだけの曲をしっかり弾いてから

フラットの曲に入ったんですよね。おかげで混乱は避けられましたが、

私はバイエル方式だったので、シャープ4個より、フラット4個の

曲の方が、譜読みが苦手です。

今の本は両方次々出てくるので、面白い曲調になる反面

覚えるのが難しいですね。私は⇒の記号をシャープ、フラットに

書いたり、黒鍵に2つの名前があることを時々確認しています。

ピアノの宿題

 - 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

合唱のピアノ伴奏
学校でピアノの伴奏者に選ばれるということ

ただいま、伴奏の子のレッスン真っ最中 いつも、レッスンに通ってきてくれる男の子。 …

ピアノ教室玄関
きしたピアノ教室の冬じたく

玄関にはインフルエンザ予防を 最近は、夕方暗くなるのが早くなってきました。 そし …

ピアノを弾く子供
子供の生徒さん限定にしている理由

きしたピアノ教室は子供の生徒さん用です まずは、私が子供が大好きだということ。 …

3度の指使い
個人レッスンでしっかり習うピアノテクニック

ツェルニー30番へ入るための教本を使って もう、ブルグミュラーを何曲か終えている …

ピアノ楽譜
自分で楽譜を開くこと・・2分の節約

楽譜を自分で開く重要性 レッスン室に元気に来て、楽譜をポンと置いて座り、弾き始め …

きしたピアノ教室 最近、にぎやかです。

今日も安城は雪がちらつく寒さでした こんにちは。 みなさん、体調はいかがでしょう …

ブルグミュラー25の練習曲
ピアノの初級が終わったみなさんに「ブルグミュラー25番」

「ブルグミュラー25の練習曲」とは? ピアノを初めて、3年くらいすると、一段階レ …

絶対音感のハタ
ピアノ教室 個人レッスンのいいところ

絶対音感をがんばっている生徒さん 和音をハタの色を使って聴き分ける練習を、30分 …

くおんのおんぷシール
音符を読めるようにするシール活用

おんぷシール活用 先週は暑かったのと、学校や幼稚園がもうすぐ夏休みに入るので、ち …

ピアノのための幼児のドリル
ピアノ教室で使っているドリル

幼児用のドリルは楽しみながら ピアノを弾く前には、音符の読み方、拍の数え方、鍵盤 …