絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

ピアノ楽譜の記号って難しい?

      2017/02/02

今日のレッスンは

1年生になったばかりの男の子。

いつもいろいろなお話を聞かせてくれて、楽しいのですが

ここ2週間続けて、疲れた様子。たずねてみると、お昼寝の途中だった

ことが分かり、少し安心。まだ小学校に入ってから、間もないから

疲れるの、すごくよくわかります。歩いて学校に行って、みんなと

新しい友達関係を作って、家に着いたらホッとするもんね。

明日からは連休に入るから、自分のペースがつかめるといいね。

ピアノを習い始めてから

1年半くらいのその生徒さん。順調に真ん中のドポジションから初めて、

左もドレミファソのポジションに移り、ソラシドレポジションまできました。

手を見ないで弾くことが出来るので、今はゆっくりのペースですが、

もう少しすると読譜はどんどん早くなると思っています。

シャープとフラット

ピアノの記号ピアノの記号指の練習の本に加えて、2冊別々のシリーズの本で、レッスンしています。

ソラシドレの本がずいぶんうまくなっているところに、もう1冊の本に

シャープとフラットが同時に出てきました。

この同時にというのが、なかなか混乱します。

私たち講師はもうあたりまえのことが、子供にとっては初めての記号、

読み方、意味、弾く場所まで覚えるのですからたーいへん。

昔は、バイエルでシャープ4つまでだけの曲をしっかり弾いてから

フラットの曲に入ったんですよね。おかげで混乱は避けられましたが、

私はバイエル方式だったので、シャープ4個より、フラット4個の

曲の方が、譜読みが苦手です。

今の本は両方次々出てくるので、面白い曲調になる反面

覚えるのが難しいですね。私は⇒の記号をシャープ、フラットに

書いたり、黒鍵に2つの名前があることを時々確認しています。

ピアノの宿題

 - 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

絶対音感のハタ
ピアノ教室 個人レッスンのいいところ

絶対音感をがんばっている生徒さん 和音をハタの色を使って聴き分ける練習を、30分 …

合唱 ピアノ伴奏 画像 
学校の合唱のピアノ伴奏を引き受けること

これから、学芸会、文化祭、合唱コンクールの季節です きしたピアノ教室でも、規約に …

両手の弾き方
導入がうまくいった生徒さんはピアノが楽しくなる

音符が読める、リズムがわかる 秋頃から増えてきた、生徒さん。 まっさらな状態でピ …

レッスン時間希望調査 ピアノ教室
4月からの希望時間調査の紙を配り終えました

安城、毎日寒いですね。 今年の寒さは本当にこたえます。 さて、やっと、今通ってき …

インフルエンザ
安城でもインフルエンザが流行の兆し

ピアノの先生からの生徒さんへ言い訳返し 寒い日が続いています。 生徒さんに聞くと …

全休符の意味
小学生から始めるピアノのレッスン

かわいい生徒さんが増え少し忙しい、うれしい毎日です ピアノを軽く習ってみようとい …

ピアノ音階の指くぐり
ピアノの先生は指の形にうるさい?

はい、自分で気づくまでは言わせていただきマス 生徒さんの、いい形の指、悪い形の指 …

安城市の風景4月
4月なのに寒いですね

安城は麦の穂が揺れています 昨日、今日と、4月とは思えない寒さです。今朝はまた …

子供も大好き、かわいい付箋、でも・・・

私の試行錯誤 小さい子供さんに、楽譜をすぐ開かせるには、と考えて・・・ クリップ …

うれしい
この頃、うれしかったこと

不器用な男の子 男の子の生徒さんは、女の子に比べて、指がうまく動かないことが多い …