絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

きしたピアノ教室あるある かわいい生徒さん

      2017/02/02

ピアノの先生って、いつも生徒さんからの刺激がいっぱい

小さな子といつもおしゃべりできる仕事というのは、それだけでパワーがもらえる。

私も日々、生徒さん達のピアノの成長をうれしく感じています。

そして、ほんのちょっとのおしゃべりがホントにおもしろい時があります。

他のピアノの先生も多分同じようなことを経験されていると思います。

今日は、きしたピアノ教室での笑いのヒトコマを・・・。

女の子編

1.夏休みになると、急にとってもきれいなネイルをしてくる。

(実はわたくし、まだネイルデビューをしておりません。うらやましい・・・。)

2.夏にレッスンに来る時、チョーかわいいサンダルを履いてくる。

(先生も見てーと言われ、玄関がすぐなので見に行くと、あらあら、豪華なキラキラサンダル。先生も履いてみたーい。)

かわいいサンダル女の子用

3.私が髪の毛をキラキラものでしばっていたり、ネックレスをつけてレッスンしていると、じっと見ている。

(ホントにたまにしか付けないのですが、さすが女の子。)

4.小指だけ爪が長い。

(何かのおまじない?と聞いて、忘れただけならば切ってくるように言う。)

5.ピアノを弾く時より、シールを選ぶ時の目が真剣。

(シールはいつもなるべくかわいいのを選ぶようにしてますが、好みがみんな違うのです。ビーズが入っているシール、一時期人気でした)

男の子編

1.電子ピアノに、とーーーっても興味をしめす。いろんなボタンを押して比べている。

(これは私もうれしいので、将来、私よりも詳しくなって教えてもらいたいです。)

2.ピアノを弾く前にひざに手が行き、かさぶたを取っている。

(「ダメダメ、そんなことしたら、また血が出るよ」・・・「かゆいんだもん。」が繰り返される。)

3.ピアノに座ってみたら引っ付き虫(なにかの葉っぱ?)がたくさんついている。

(あれ、トトロのメイちゃんみたいに草のトンネルを抜けてきたのかな。)

ひっつき虫つきの小学生

4.歯が抜けそうで、横にも縦にも回ると言って見せてくれる。

(次の週、抜けた?と聞くと、また見せてくれて、「抜けたけど大人の歯、もう生えてきてた」だって。成長がかわいい。)

歯が抜けた男の子

5.地震が来たらピアノの下に隠れればいいじゃん、と真面目に言う。

(ゼッタイにダメです。地震の時は机の下に避難しましょう。)

 

まだまだ、ありますが今日はこのへんで。

毎日、楽しいレッスンの時間でアリマス。

 - 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

合唱のピアノ伴奏
学校でピアノの伴奏者に選ばれるということ

ただいま、伴奏の子のレッスン真っ最中 いつも、レッスンに通ってきてくれる男の子。 …

ピアノを弾く女の子
やっといつものピアノ教室に戻りつつあります

きしたピアノ教室、やっと通常です 子供は夏休みでも、お母さんお父さんは、忙しく7 …

ピアノを弾く手の形
ピアノを弾く手を作るお手玉

基本は丸い手 ピアノは、どんな指でも、ある程度の力があれば音が出ます。 なのに、 …

うれしい
この頃、うれしかったこと

不器用な男の子 男の子の生徒さんは、女の子に比べて、指がうまく動かないことが多い …

ピアノの記号
ピアノ楽譜の記号って難しい?

今日のレッスンは 1年生になったばかりの男の子。 いつもいろいろなお話を聞かせて …

インフルエンザ
安城でもインフルエンザが流行の兆し

ピアノの先生からの生徒さんへ言い訳返し 寒い日が続いています。 生徒さんに聞くと …

ツェルニー ピアノの練習
ツェルニーの練習は面倒くさいよ

初級を終えて、ツェルニーの練習曲 かっちり、きっちり、そのまま練習曲。見た感じも …

リズムの本2
30分のピアノの個人レッスンですること

ピアノレッスンの始めの5分 30分のレッスン、なかなか長いようでもありますが、い …

ピアノ・スポーツ2巻
小学1年生、Rくんのレッスン

1年半前には、片手ずつの曲を弾いていました 小学生になって初めての夏休みを過ごし …

くおんのおんぷシール
音符を読めるようにするシール活用

おんぷシール活用 先週は暑かったのと、学校や幼稚園がもうすぐ夏休みに入るので、ち …