絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

ピアノレッスンでの、読譜の難しさ

      2017/01/03

音符がすらすらと読めること

ピアノも他の楽器も、先の音符、先の音符を、どんどん読みながら指を動かして音楽を作っていくいくものです。

バイオリンやフルートなどと違うことは、ト音記号とヘ音記号を一緒に読まなければならないこと。

音符が読めないということは、相当なストレスになります。

楽器をやったことのないみなさんは、どうやって読んでいるのか不思議に思うかもしれません。

私たちは、ひとつひとつを読んでいるのではなく、流れで読んでいきます。

楽譜はまず左から右へ流れていくこと。

線を踏んだ音符、線と線の間の音符の順番で音が隣り合っていること。

音符が右上がりになっていけば、手は右のほうへ、つまり音が高くなっていく。

右下がりになっていれば、手は左の方へ、つまり音が下がっていくこと。

また指使いの数字は、とてもいいヒントとして読んでいます。

ひらがなを読むように音符を読む

小さい子供が、ひらがなを一文字ずつ声に出して読んでいくように、音符も声に出して脳に指令を出すといいと思います。

まずは、カードで単音の読みをやってみる。

それからは、流れで読むやり方で、ドレミの並びや、指使いを覚えながら弾いていく。

それを、たくさんやればやるほど、読譜が早くなります。

左右ドレミファソのポジションの曲はとてもたくさんあるのに、ソラシドレに移動すると読みにくくなるのはよくあること。

でも、流れで読むことをみに付ければ、一つ一つが分からなくても、弾いていけるのがソラシドレのポジションです。

以前から使っていた音符読みノート。

音符読みノート

このノート、先生が言った音を早く探したり、ゆっくりのメトロノームと合わせて声に出してみたり、弾いてみたりして使っていました。

音符のカードを作りました

ソラシドレ音符カード

あまりにも、ソラシドレに苦労しているのを見ているのはかわいそうなので、作ってみました。

隣の音が並んでいるもの、1個飛びの音が並んでいるものなど。

まず、このしくみが分かれば、大体導入の曲は弾けるようになると思います。

すべて、ソラシドレの5音だけで作ってあります。

音符カード手作り

ヘ音記号が苦手になる生徒さんも多いので、たくさん作りました。

あえて、裏には答えを書いていません。

時間を計るトライアルに挑戦したり、かるたとりのようにしたりして、活用していきたいと思っています。

弾く時にはまだまだ、音と音の幅を手で感じられるようにしたり、リズムも同時に理解しなければならないので、本当に最初は頭を使います。

ひらがなに興味を持ちだした頃に、一気に読めるようにしたいですね。

 - ピアノ練習について

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピアノを弾く手
ピアノを弾く時、子供さんはどこを見ていますか?

もちろん鍵盤を見ています・・・これは怪しいぞ・・・。 楽器というものは、ピアノ、 …

きしたピアノ教室きまり
ピアノ教室でのマナー、困った生徒さんのマナーはただ1つ

きしたピアノ教室、レッスンについてのきまりのプリント きしたピアノ教室では、入会 …

ピアノ練習の成果
ピアノの悩み、「練習できないのは、なぜだろう?」

原因1 音符が読めないから難しい これは、毎回のレッスンで分かることです。 「な …

ピアノを弾く手の形
ピアノを弾く手を作るお手玉

基本は丸い手 ピアノは、どんな指でも、ある程度の力があれば音が出ます。 なのに、 …

レガート
ピアノは1度に2つ以上のことをしている

「うちの子、ほんとに夢中で絵を描いているんです。」 「アタリマエデス。」 ベテラ …

安城市立桜町小、三河安城小のみなさん、運動会おつかれさま!!

きしたピアノ教室の生徒さんの、運動会での活躍は!? 昨日まで雨が降ったりで、場所 …

ブルグミュラー25の練習曲
ピアノの初級が終わったみなさんに「ブルグミュラー25番」

「ブルグミュラー25の練習曲」とは? ピアノを初めて、3年くらいすると、一段階レ …

ピアノ補助台
ピアノを弾く時の姿勢

ピアノを弾く時、足はどこにある? 先週から今週にかけて、生徒さんに、ピアノを弾く …

ピアニカ
ついに全員、譜面を見て弾くようになった!!

読譜は、ピアノを弾く第一歩 えっ、今頃? と言われるかもしれませんが、やっと生徒 …

ピアノを弾く女の子
ピアノ、おうちでのお母さんの言葉がけ

言われるとイヤな言葉ワースト3 「早く練習しなさい!」 「練習たったそれだけなの …