絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

音符を読めるようにするシール活用

   

おんぷシール活用

先週は暑かったのと、学校や幼稚園がもうすぐ夏休みに入るので、ちょっとご褒美にシールはりの宿題!!

その場でやってみた生徒さんもいました。

みんなシールは大好きです。

幼稚園や保育園の生徒さんには、字を書くのではなく、シールというのがお手軽でとてもよい方法です。

ピアノ教室のシールはり

カードをヒントにどんどん貼っていきます。

五線ノートにシール

6段、私が言いながら書いたものをすべて貼っていきました。

これをレッスンの初めにやったら、ピアノを弾くのがいつもよりスムーズでした。

小さいドレミのシール

おんぷのシール

これが、今回使っていたものです。

2段のノートに書いた音符にも直接貼ることのできる、大きさ。

絵は「ドレミのうた」のままです。

「ミーはみんなのミ」や「シはしあわせよ」の絵がわかりやすくてかわいいです。

大きいドレミのシール

くおんのおんぷシールこれは、よく使われている音符のカードの裏の絵のシールです。

ドはどんぐりのドです。

少し大きくて、字も書いてないので、小さい生徒さん向けです。

ドがたくさんあるのも助かります。

 

音符読みについては、ドレミファソの並びだけ教えたら、全て数えて自分で読む生徒さんもいれば、ミとソで混乱する生徒さんもいます。

1週間、音符を見ていないと、読み方のコツをすっかり忘れてしまう生徒さんもいます。

カードやマグネット、書き取り、とあの手この手で音符をすらすら読めるようにしていきます。

まずはこれが読譜の第一段階。

ピアノを弾くには、1つ1つの音が読めるだけでは進まないからです。

横に上がるか下がるかで読む方法、読んだ音に指が自然にいく方法、リズムも同時に読む方法、頭もフルに使っていろいろなことを習得しましょう。

 - 今日のレッスンの内容, 使っている教材

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

きしたピアノ教室 最近、にぎやかです。

今日も安城は雪がちらつく寒さでした こんにちは。 みなさん、体調はいかがでしょう …

木下真由美アレンジ楽譜
レベルに合ったピアノ楽譜アレンジを、生徒さんに

楽譜を書くことが苦にならない私です 生徒さんが、少し弾けるようになると、「これ、 …

ピアニストの脳
ピアノの指使いって決まっているの?

基本的な指使いは決まっています ピアノの鍵盤は88鍵。 たった5本しかない指、両 …

リズムの本2
30分のピアノの個人レッスンですること

ピアノレッスンの始めの5分 30分のレッスン、なかなか長いようでもありますが、い …

3度の指使い
個人レッスンでしっかり習うピアノテクニック

ツェルニー30番へ入るための教本を使って もう、ブルグミュラーを何曲か終えている …

うれしい
この頃、うれしかったこと

不器用な男の子 男の子の生徒さんは、女の子に比べて、指がうまく動かないことが多い …

ピアノ・スポーツ2巻
小学1年生、Rくんのレッスン

1年半前には、片手ずつの曲を弾いていました 小学生になって初めての夏休みを過ごし …

ピアノ楽譜
自分で楽譜を開くこと・・2分の節約

楽譜を自分で開く重要性 レッスン室に元気に来て、楽譜をポンと置いて座り、弾き始め …

子供も大好き、かわいい付箋、でも・・・

私の試行錯誤 小さい子供さんに、楽譜をすぐ開かせるには、と考えて・・・ クリップ …

初期ピアノ楽譜
保育士を目指すならバイエルを使うレッスン、そうでないなら使わない

私が好きな導入の楽譜、バスティン・グローバー・アルフレッド とても小さいお子さん …