絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

ピアノの先生は指の形にうるさい?

   

はい、自分で気づくまでは言わせていただきマス

生徒さんの、いい形の指、悪い形の指の写真を撮らせてもらいました。

ピアノ音階の指くぐり

丸い指の形研究1

丸い指の形研究2

丸い指の形研究3

丸い指できた

悪い指2

まったく気付かない生徒さん、気付いても直せない生徒さん、1つの音だけならなんとかいい指で弾ける生徒さん・・・といろいろです。

写真に撮って見てもらうことで気付くこともあります。

わざと3パターンやってもらった生徒さんの写真もあります。

指を立てる方法、その1

指の腹にシールを張ります。

指の腹にシール

そのシールがピアノの鍵盤にあたらないように弾きましょうと言って弾いてもらいました。

指の腹にシール

少し指が立って、鍵盤へのタッチポイントがわかってきました。

このまま1曲弾くのがとても大変でした。

継続して練習が大切。

その2、ひもを引っ張ることで筋力をつける

指の先の筋力が極端に弱い子もいます。

ふにゃっとなってしまう。

そんな生徒さんにはこれ。

ひも引っ張り

1と2の指(お父さんとお母さん)

1と3の指(お父さんとお兄さん)・・・

というように、順番にギューっと何秒かずつ引っ張っていきます。

お姉さん指や赤ちゃん指は難しいけれど、この写真の1と2の指なら頑張れる!!

大人からみるとすぐにできそうなのですが、片方すべったり、落としたりこれが結構大変なのです。

今週は、レッスンでこのひもをたくさん使いました。

ひも引っ張り

こんなに指の形にこだわることが出来るようになったのも、まっさらから入ってきた生徒さんの譜読みが速くなってきたからです。

ピアノは最初、本当に覚えることが多いです。

姿勢、リズムと音を読むこと、指の番号、指の動き、スタッカートやスラーの弾き分け、これに指の形・・・。

楽譜がすらすら読めるようになれば、自分のいい音を出す指の形に気を付ける余裕も出てきます。

毎回少しずつ、少しずつ、レッスンで指導していきます。

 - 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピアノの記号
ピアノ楽譜の記号って難しい?

今日のレッスンは 1年生になったばかりの男の子。 いつもいろいろなお話を聞かせて …

全休符の意味
小学生から始めるピアノのレッスン

かわいい生徒さんが増え少し忙しい、うれしい毎日です ピアノを軽く習ってみようとい …

no image
2分のおしゃべり

こんにちは。前回書いたおしゃべり大好きな私。生徒さんはなかなか ためになるヒント …

合唱のピアノ伴奏
学校でピアノの伴奏者に選ばれるということ

ただいま、伴奏の子のレッスン真っ最中 いつも、レッスンに通ってきてくれる男の子。 …

かわいいサンダル女の子用
きしたピアノ教室あるある かわいい生徒さん

ピアノの先生って、いつも生徒さんからの刺激がいっぱい 小さな子といつもおしゃべり …

きしたピアノ教室 最近、にぎやかです。

今日も安城は雪がちらつく寒さでした こんにちは。 みなさん、体調はいかがでしょう …

ピアノを弾く手の形
ピアノを弾く手を作るお手玉

基本は丸い手 ピアノは、どんな指でも、ある程度の力があれば音が出ます。 なのに、 …

Yちゃん写譜
ピアノ教室の夏休みの宿題

写譜・・・楽譜を写すということ 昨日も今日も、安城は暑い、暑い、暑い。バテていま …

ソラシドレのカード
ピアノの書くレッスン、読むレッスン

ソラシドレのカードを使って読むレッスン 先日作ったカードを、実際に2人の生徒さん …

子供も大好き、かわいい付箋、でも・・・

私の試行錯誤 小さい子供さんに、楽譜をすぐ開かせるには、と考えて・・・ クリップ …