絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

ピアノの先生は指の形にうるさい?

   

はい、自分で気づくまでは言わせていただきマス

生徒さんの、いい形の指、悪い形の指の写真を撮らせてもらいました。

ピアノ音階の指くぐり

丸い指の形研究1

丸い指の形研究2

丸い指の形研究3

丸い指できた

悪い指2

まったく気付かない生徒さん、気付いても直せない生徒さん、1つの音だけならなんとかいい指で弾ける生徒さん・・・といろいろです。

写真に撮って見てもらうことで気付くこともあります。

わざと3パターンやってもらった生徒さんの写真もあります。

指を立てる方法、その1

指の腹にシールを張ります。

指の腹にシール

そのシールがピアノの鍵盤にあたらないように弾きましょうと言って弾いてもらいました。

指の腹にシール

少し指が立って、鍵盤へのタッチポイントがわかってきました。

このまま1曲弾くのがとても大変でした。

継続して練習が大切。

その2、ひもを引っ張ることで筋力をつける

指の先の筋力が極端に弱い子もいます。

ふにゃっとなってしまう。

そんな生徒さんにはこれ。

ひも引っ張り

1と2の指(お父さんとお母さん)

1と3の指(お父さんとお兄さん)・・・

というように、順番にギューっと何秒かずつ引っ張っていきます。

お姉さん指や赤ちゃん指は難しいけれど、この写真の1と2の指なら頑張れる!!

大人からみるとすぐにできそうなのですが、片方すべったり、落としたりこれが結構大変なのです。

今週は、レッスンでこのひもをたくさん使いました。

ひも引っ張り

こんなに指の形にこだわることが出来るようになったのも、まっさらから入ってきた生徒さんの譜読みが速くなってきたからです。

ピアノは最初、本当に覚えることが多いです。

姿勢、リズムと音を読むこと、指の番号、指の動き、スタッカートやスラーの弾き分け、これに指の形・・・。

楽譜がすらすら読めるようになれば、自分のいい音を出す指の形に気を付ける余裕も出てきます。

毎回少しずつ、少しずつ、レッスンで指導していきます。

 - 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

おんぷ・にこにこ・ワーク
ピアノ教室でのドリル・ワーク

おんぷ・にこにこ・ワーク4が終わりました。 もう、レッスンが軌道にのってくると、 …

両手の弾き方
導入がうまくいった生徒さんはピアノが楽しくなる

音符が読める、リズムがわかる 秋頃から増えてきた、生徒さん。 まっさらな状態でピ …

ピアノ教室出席カード7
2017年度ラストのピアノレッスン

みんなのこれまでの出席カードの様子 昨年の4月からのカード、毎回レッスンに来るた …

no image
2分のおしゃべり

こんにちは。前回書いたおしゃべり大好きな私。生徒さんはなかなか ためになるヒント …

ソラシドレのカード
ピアノの書くレッスン、読むレッスン

ソラシドレのカードを使って読むレッスン 先日作ったカードを、実際に2人の生徒さん …

安城市の風景4月
4月なのに寒いですね

安城は麦の穂が揺れています 昨日、今日と、4月とは思えない寒さです。今朝はまた …

ピアノ楽譜
自分で楽譜を開くこと・・2分の節約

楽譜を自分で開く重要性 レッスン室に元気に来て、楽譜をポンと置いて座り、弾き始め …

絶対音感のハタ
ピアノ教室 個人レッスンのいいところ

絶対音感をがんばっている生徒さん 和音をハタの色を使って聴き分ける練習を、30分 …

ピアノを弾く手の形
ピアノを弾く手を作るお手玉

基本は丸い手 ピアノは、どんな指でも、ある程度の力があれば音が出ます。 なのに、 …

うれしい
この頃、うれしかったこと

不器用な男の子 男の子の生徒さんは、女の子に比べて、指がうまく動かないことが多い …