絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

桜町小、三河安城小、祥南小で運動会が行われました

      2017/02/02

練習が出来なかった週のレッスンの工夫

この前の土曜日に運動会が行われ、振替休日があった様子。

運動会までは、毎日の運動場での練習でクタクタ、でも本番は

「大玉送りが楽しかったよ」などと聞かせてもらうと、こちらまで

楽しく懐かしくなります。

振替休日を使って、旅行に行ってきた生徒さんはまず第一声が

「ピアノの練習できなかった・・・。」でした。

まずはやれる曲を全部弾いてもらって、弾けてない曲は

ポイントだけを数えながら弾きました。「はい1回、はい2回・・・

はい、さーいご!」といいながら一緒に練習すると、家でも出来そうな

気持ちになるものです。私も来週のレッスンを楽しみにしています。

簡単な聴音、リズム聴音もやりました

聴音普段、時間がなくてなかなか出来ない聴音も久しぶりに

やってみました。音はとれるのですが、リズムがよく分からなくて

苦戦するYちゃん。一つのお部屋に4分音符が2つぶん入るんだよというと

よーくよーく考えて、最初に書いた音符をずらして前の小節に

入れることに気が付きました。

リズム聴音R君はまだ1年生なので、カードから選ぶリズム聴音です。

先生が手を隠して、ラばかりで弾いたリズムを4枚の中から

探して2枚並べてもらいます。今日はサービス問題。

しっかり探すことが出来ました。文字を書かずに、ほんの少しの

時間で出来るので、リズム聴音は小さい生徒さんが喜びますね。

なぜ聴音が必要か?

ピアノを習っていても譜が書けないというのは大変もったいない

ことだと私は考えます。

いま話題の「笑点」のテーマ、意外と簡単に楽譜にできます。

子供に渡せばすぐに弾けます。ということは、ピアノを習っている

お友達にも楽譜のお手紙を渡せば弾いてもらえます。

その延長で、自分が聴いたはやっている曲の出だしや、

もしかすると作曲した曲も自分の手書きの楽譜で伝えられるのです。

というわけで、聴音というのはとても身近に役に立つんですね。

 - 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

全休符の意味
小学生から始めるピアノのレッスン

かわいい生徒さんが増え少し忙しい、うれしい毎日です ピアノを軽く習ってみようとい …

3度の指使い
個人レッスンでしっかり習うピアノテクニック

ツェルニー30番へ入るための教本を使って もう、ブルグミュラーを何曲か終えている …

リズムの本2
30分のピアノの個人レッスンですること

ピアノレッスンの始めの5分 30分のレッスン、なかなか長いようでもありますが、い …

かわいいサンダル女の子用
きしたピアノ教室あるある かわいい生徒さん

ピアノの先生って、いつも生徒さんからの刺激がいっぱい 小さな子といつもおしゃべり …

絶対音感のハタ
ピアノ教室 個人レッスンのいいところ

絶対音感をがんばっている生徒さん 和音をハタの色を使って聴き分ける練習を、30分 …

ピアノ教室玄関
きしたピアノ教室の冬じたく

玄関にはインフルエンザ予防を 最近は、夕方暗くなるのが早くなってきました。 そし …

レッスン時間希望調査 ピアノ教室
4月からの希望時間調査の紙を配り終えました

安城、毎日寒いですね。 今年の寒さは本当にこたえます。 さて、やっと、今通ってき …

ピアノを弾く子供
子供の生徒さん限定にしている理由

きしたピアノ教室は子供の生徒さん用です まずは、私が子供が大好きだということ。 …

ピアノのための幼児のドリル
ピアノ教室で使っているドリル

幼児用のドリルは楽しみながら ピアノを弾く前には、音符の読み方、拍の数え方、鍵盤 …

安城市の風景4月
4月なのに寒いですね

安城は麦の穂が揺れています 昨日、今日と、4月とは思えない寒さです。今朝はまた …