絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

ピアノの指使いって決まっているの?

   

基本的な指使いは決まっています

ピアノの鍵盤は88鍵。

たった5本しかない指、両手を足しても、10本の指で、同時に鳴らしたり、早ワザで弾いたりするのですから、決まりがあります。

まず、導入は5本の指でひくことのできる曲から練習するので、大丈夫。

そのうちに、チューリップの後半部分、ソソミソララソーや、子犬のマーチの後半、ファーラーソーミーなど、ラが出てきて、学校ではどう教えているのだろうと疑問に思うことがあります。

ピアノ教室に入ったからには、5の指を連続してソラと使うなんていうことにはならないようにしたいものです。

「ぴあのどりーむ」の教本には、新しい指のワザが出てくるたびに、「ゆびちぢめ」「ゆびひろげ」「ゆびくぐり」などと書いてあります。

初歩の指使いのワザですね。

音階は特に大切

「バーナム」には何回かに分けて、音階、つまり、ドレミファソラシドのような音の階段の弾き方が出てきます。

音楽は、今私が弾くような曲でも、結局は和音やら音階やらの集まりです。

それを、めちゃくちゃの指で弾くとなると、時間のムダ、練習のムダにもなります。

「ハノン」は指を鍛える本でもありますが、後ろには、全部の長調、短調の音階が載っています。

音階は1の指で指くぐりをする部分が特に大切なので、1という数字をよく見ること。

下りの指使いは4や3とわざわざ書いてあるところが大切です。

音階は調によって、指使いが変わります。

なるべく黒鍵で指くぐりをしないためです。

古典派のソナチネあたりから、バリバリ音階の連続の曲が増えてくるので、きれいに弾くとびっくりするほどいい曲に仕上がります。

でも、指使いが間違っていると変なところで音が切れたり、黒鍵に指がのったりして、でこぼこの音楽になってしまうことも。

指使いは、具体的には、次に予期しない音が出てくる場合のためと、なめらかに弾くためにあると思っています。

和音の指使い

これは、とても早い段階で出てきます。

ドミソ、シファソは基本なので、とにかく何度も弾いて、指に覚えさせること。

両手でも、意外と弾きやすい和音です。

でも、ト長調になって同じように右手の和音を弾くと、あれれ?

ピアノの和音指使い

もっといい指使いはないの?と、思うくらい、弾きにくい。

ファドレのファのシャープに1の指(なんと指の中で一番短い親指)を乗せるので、非常にやりにくいのです。

子供の生徒さんには、ファもドもレも鍵盤の奥を弾くと弾きやすいよ、ということを教えます。

中指の骨がまっすぐになる手の形でピアノを弾くのが一番自然です。

ファを弾く時に、1の指だけ奥を弾こうとすると、手が斜めになってしまいます。これはダメ。

 

そして今度は、ハ長調でも、ドミソ、シレソになるととても弾きにくいです。

両手の和音の指使い

両手の指使いが微妙に違うので、迷ってしまいます。

これも、人間の指は1と2の指が開きやすいことからきていると思われますが、一度しっかり覚えておかないと、あとあと、ずっと同じことで苦労します。

違う調になった場合でも、和音の指使いは基本的には同じです。

指使いは守らなくちゃいけないの?

導入では、ほとんど守ってもらっています。

理由は、「将来、正しい指使いを自分で使えるようにするため」。それにつきます。

間違った指で、何回も練習してしまうと、その間違ったクセのまま弾いて、どこかでツケがまわってくる。

新しい曲の譜読みの時に、時間がかかってしまう。

いいことはないです。

ただ、「バッハインベンション」あたりまでくると、話が違ってきて、本の出版社により指使いの相性が出てきます。

それまでは、音、リズム、指使いは同じくらいしっかり見て弾いて欲しいと思っています。

ピアニストの指使い

ピアニストの脳この本によると、ピアニストが指使いの書いてない初めての曲を2回弾いた場合、2回ともほぼ同じ指使いで弾くそうです。

プロのピアニストは、「こういう音符の並びにはこの指使いを使う」というパターンが脳の中に蓄えられていて、安定した指使いを選択できるのだそうです。

 - ピアノ練習について, 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピアノ楽譜
自分で楽譜を開くこと・・2分の節約

楽譜を自分で開く重要性 レッスン室に元気に来て、楽譜をポンと置いて座り、弾き始め …

絶対音感のハタ
ピアノ教室 個人レッスンのいいところ

絶対音感をがんばっている生徒さん 和音をハタの色を使って聴き分ける練習を、30分 …

ピアノ教室玄関
きしたピアノ教室の冬じたく

玄関にはインフルエンザ予防を 最近は、夕方暗くなるのが早くなってきました。 そし …

ソラシドレのカード
ピアノの書くレッスン、読むレッスン

ソラシドレのカードを使って読むレッスン 先日作ったカードを、実際に2人の生徒さん …

ピアノ・スポーツ2巻
小学1年生、Rくんのレッスン

1年半前には、片手ずつの曲を弾いていました 小学生になって初めての夏休みを過ごし …

安城市百石町グリーンロード
ピアニカで「かえるのうた」弾けた?

桜町小へ向かうグリーンロード 6月といえば、梅雨、あじさい、ジューンブライド。 …

Yちゃん写譜
ピアノ教室の夏休みの宿題

写譜・・・楽譜を写すということ 昨日も今日も、安城は暑い、暑い、暑い。バテていま …

音符読みノート
ピアノレッスンでの、読譜の難しさ

音符がすらすらと読めること ピアノも他の楽器も、先の音符、先の音符を、どんどん読 …

子供も大好き、かわいい付箋、でも・・・

私の試行錯誤 小さい子供さんに、楽譜をすぐ開かせるには、と考えて・・・ クリップ …

ピアノ指番号ゲーム
ピアノの指使い、すぐできるゲームを作りました

ピアノ、両手になると指使いが??? 指使い、私はとっても大切だと思っています。 …