絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

夏休みにピアノコンクールでがんばった生徒さん

   

Hちゃん、グレンツェンコンクール入賞、おめでとう

この夏は、自分も含め、3つのコンクールに関わりました。

今年、出たらきっと1段2段ステップアップできるだろうなという生徒さんには、声掛けをして、参加を呼びかけました。

決して、全員が全員コンクールを目指してという、立派な教室ではありませんので、本当に生徒さんの様子を見ながらです。

そして、5年生のHちゃんが、グレンツェンコンクールで準優勝をいただきました。

おめでとう!!

彼女のすごいところは、昨年9月つまり、小4の秋に初めてピアノを習いに来て、まだ1年だというところです。

5.6年生の課題曲を、たった1年で、幼稚園から始めた子と勝負できるまでに頑張ったことは、本当に素晴らしいことだと思います。

私も、課題曲に関しては、かなり面倒くさい細かい練習方法まで言ったのに、毎回のレッスンでしっかりと続けてやってこられたのも彼女の性格。

いつも、きちんと素直にいろいろなことを受け止めています。

また、もちろん、初めてのステージでしたので、緊張しないか、本当に1人で音をいつも通りに出せるのか、心配でした。

が、そこも大丈夫、お辞儀から椅子の高さ設定、弾くこと、落ち着いてできました。

フランス民謡やアメリカのポピュラーなど、新しい曲を渡した時に、「あっ。これ、聴いたことがある。」とよく言ってくれるので音楽環境もよく、これから楽しみです。

まだのびしろがたくさんある生徒さんです。

 

今回、参加したグレンツェンコンクールに関しては、1分もない課題曲1曲を参加者が入れ替わり立ち代わり弾いていくので、ある意味シビアです。

ピティナには、選曲のうまさ、下手さもありますが、グレンツェンにはそれはなしです。

まったく同じ曲をどういうふうに弾いてくるのか。

速さもスタッカートのしかたも音色も全くちがう、それを次々に聴くのも本当にいい耳の勉強でした。

レッスンでは「指くぐり」に入る生徒さんがたくさんいます。

もうこれは、ピアノを習ったら、絶対に出来て欲しいワザです。

音階というドレミファソラシドを5本の指で弾くワザ。

これが指くぐり、指こえです。

音階の練習バーナム

ハ長調音階

今まで、平らな指でベチャッベチャッと弾いてきたまんまになっていた生徒さんは苦戦。

消しゴムを手首に乗せて手首を高く保ったまま、親指を素早く中に入れて・・・ほーら、指くぐりのできあがり。

5本の指の中で、1の指つまり親指だけが、横に動かすことのできる、特別な指です。

その指に変な力が入らないようにスーっと。

消しゴムの活用 ピアノ

消しゴムの活用 指くぐり

何回も消しゴムが吹っ飛びました。

ドレミファソラシドは普通、ミの音を3番の指で支えながら、くぐるのですが、この3番の指のトンネルの丸みがイマイチだど、親指を入れた時に手首ガックン。

もちろん、音もガックン。

1の指の鍵盤へのタッチポイントも、重要。

音階は本当に大切です。

下りの音階は指こえのワザを使って、これまたスムーズにできるように。

両手になると、最初はほとんど脳の訓練かと思うくらい難しいけれど、指が自然に動くようになるまで練習するといいですね。

ピアノ曲にはこの「音階」と「和音」というものが、よく出てきます。

ブルグミュラーの「貴婦人の乗馬」の最後には、このハ長調の両手の下りの音階がばっちり出てきます。

発表会などで聴いた時に、この最後がキマると、とってもかっこいいです。

You Tubeなどで聴いてみて下さい。

 - ピアノコンクール、発表会について, 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピアノ教室出席カード
2018年度のレッスンに向けて

ピアノ教室の出席カード 久しぶりにゆっくりできた週末、楽器店に、出席カードを選び …

ピアノ教室玄関
きしたピアノ教室の冬じたく

玄関にはインフルエンザ予防を 最近は、夕方暗くなるのが早くなってきました。 そし …

第2回ヤマハジュニアコンクール
知立リリオにコンクールを聴きに行ってきました。

ピアノフェスティバル2017 幼児部門   先週と今週、第2回ヤマハジ …

きしたピアノ教室 最近、にぎやかです。

今日も安城は雪がちらつく寒さでした こんにちは。 みなさん、体調はいかがでしょう …

ポインセチア新種
きしたピアノ教室 冬休みです

2017年12月22日 クリスマス会でした 今年は年長さんから小学校5年生までの …

合唱のピアノ伴奏
学校でピアノの伴奏者に選ばれるということ

ただいま、伴奏の子のレッスン真っ最中 いつも、レッスンに通ってきてくれる男の子。 …

レッスン時間希望調査 ピアノ教室
4月からの希望時間調査の紙を配り終えました

安城、毎日寒いですね。 今年の寒さは本当にこたえます。 さて、やっと、今通ってき …

合唱 ピアノ伴奏 画像 
学校の合唱のピアノ伴奏を引き受けること

これから、学芸会、文化祭、合唱コンクールの季節です きしたピアノ教室でも、規約に …

かわいいサンダル女の子用
きしたピアノ教室あるある かわいい生徒さん

ピアノの先生って、いつも生徒さんからの刺激がいっぱい 小さな子といつもおしゃべり …

うれしい
この頃、うれしかったこと

不器用な男の子 男の子の生徒さんは、女の子に比べて、指がうまく動かないことが多い …