絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

導入がうまくいった生徒さんはピアノが楽しくなる

      2017/04/28

音符が読める、リズムがわかる

秋頃から増えてきた、生徒さん。

まっさらな状態でピアノ教室に習いに来てくれたお友達も、音楽教室からうつってきたお友達もだんだんと勢いが出てきました。

導入の指導はいつでも大変緊張します。

ドレミファソラシドというのは音が高くなっていくこと、そして五線に書くとどうなるのか。

リズムはなぜ黒に棒だったり、白に棒だったりで長さが変わるのか。

私には当たり前のことでも、小さい生徒さんに教えるのはとても難しいです。

だから、あれこれ言い方を変えながら、毎回のレッスンで何度も確認を・・・。

だんだん、両手の曲に入り、楽しくなってきました。

大譜表の読み方

両手になると、右手と左手が2段になって書かれていて、たてのラインに音が並んできます。

これを一瞬で読んで、指番号もヒントにしながら、音に変える作業は脳もフル活動です。

また、楽譜は左からどんどん流れていて、段が変わる時には下の段に素早く目を走らせなければいけないこと、難しいですね。

私は、最初、なるべくゆっくり指追いしてあげながら弾かせるようにしています。

童謡など、知っている曲はモチベーションも上がるので、弾ける範囲で取り入れながらレッスン。

音をよく聴こう

両手になってくると、左右のバランスもとても重要になります。

うたを担う手の方を強く、伴奏はごく弱く、これは1年生までに身につけたいワザです。

両手の弾き方

自分の音をよく聴いて、私もいろいろなバランスで聴かせて、だんだん自分で一番いいバランスを見つけられるように。

 

本当の導入が終わると、生徒さんそれぞれに、バーナムやピアノスポーツ、バスティンテクニックなどの本も持ってもらっています。

 

和音が出てきたり、たたたたで走る曲があったり、はねる曲があったりで、だんだんとピアノの奏法を勉強していきます。

テクニックの本は短く作られていて、目的が分かりやすいので、みんな大好きです。

これから、一番過ごしやすい季節です。

せっかく始めたピアノ、たくさん弾けるといいですね。

 - 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Yちゃん写譜
ピアノ教室の夏休みの宿題

写譜・・・楽譜を写すということ 昨日も今日も、安城は暑い、暑い、暑い。バテていま …

ピアノ・スポーツ2巻
小学1年生、Rくんのレッスン

1年半前には、片手ずつの曲を弾いていました 小学生になって初めての夏休みを過ごし …

お盆休み明けのピアノレッスン

練習できたお休み。出来なかったお休み。 安城市では、お盆休みは、結構遠くに旅行す …

ピアノを弾く手の形
ピアノを弾く手を作るお手玉

基本は丸い手 ピアノは、どんな指でも、ある程度の力があれば音が出ます。 なのに、 …

子供も大好き、かわいい付箋、でも・・・

私の試行錯誤 小さい子供さんに、楽譜をすぐ開かせるには、と考えて・・・ クリップ …

ピアノの記号
ピアノ楽譜の記号って難しい?

今日のレッスンは 1年生になったばかりの男の子。 いつもいろいろなお話を聞かせて …

ツェルニー ピアノの練習
ツェルニーの練習は面倒くさいよ

初級を終えて、ツェルニーの練習曲 かっちり、きっちり、そのまま練習曲。見た感じも …

ピアノを弾く子供
子供の生徒さん限定にしている理由

きしたピアノ教室は子供の生徒さん用です まずは、私が子供が大好きだということ。 …

ピアノ楽譜
自分で楽譜を開くこと・・2分の節約

楽譜を自分で開く重要性 レッスン室に元気に来て、楽譜をポンと置いて座り、弾き始め …

同窓会
ピアノ教室の仕事始め

お正月休みのあと、初めてのレッスン 今週は、今年始めてのレッスンの週でした。 全 …