絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

ピアノの書くレッスン、読むレッスン

      2017/01/03

ソラシドレのカードを使って読むレッスン

先日作ったカードを、実際に2人の生徒さんに読んでもらいました。

まずはト音記号だけ。

ソラシドレのカード

入会4か月の4年生の生徒さんには手ごたえあり。

私がまず、前の2つを読んであとを続けて読んでもらいました。

ジグザグ読みは簡単。

ちょっと音が飛ぶのは大変ですが、ソとレの幅を覚えてもらうのには、効果がありました。

このカードをやった後に、曲を初見で弾いてもらうと右手はすらすら弾けました。

1年生の生徒さんにも、同じ方法で。

ジグザグ読みはできるけれど、他のは難しそう。

なかなかコツをつかめませんでした。

ドレミの並びをはっきりと理解していないことも明らかに分かりました。

ラから上がったり、シから下がったりというのに、時間がかかって数えています。

ピアノのレッスンは、全員が同じ方法でうまくいくとは限らない。

まだまだ研究を重ねなければいけません。

ドリルとノートを使って書くレッスン

ドリルと五線ノートは全員の生徒に持たせています。

小さい子はマルや線を書く練習から始まります。

これは、音符の書き方。

ノートにいろいろな例を書きました。

音符の書き方

いつも見て弾いている音符なのに、書くとなると普段とはちがう音符の書き方になっちゃうんです。

数字の6や9に見える変な音符。

一筆書きしてしまったり、しまいには、お団子のようにつきささった音符まで。

また付点音符は書き方が難しいので、少し時間をかけて説明するようにしています。

ドリルの中にこんなページがあります。

付点のつけ方

下の段のソは線を踏む音符なのですが、すぐ横に付点を書いてしまうと見にくいので少し上に書く。

それから、「です。」「ます。」のように白丸ではなく、黒くぬることを伝えます。

この生徒さんはとてもきれいに書いてきてくれました。

聴音の時も忘れないようにしたいですね。

レッスンをやっていて思うのは、やはり、まだいろいろ覚えている途中の子供たちは、定着するまでに時間がかかること。

何回も何回も出てきて、だんだんと覚えていくものです。

1回ですべて覚えてしまう生徒さんはいないです。

講師として、そのことをいつも頭において、大切にレッスンして育てていきたいです。

 - 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

全休符の意味
小学生から始めるピアノのレッスン

かわいい生徒さんが増え少し忙しい、うれしい毎日です ピアノを軽く習ってみようとい …

ピアノのための幼児のドリル
ピアノ教室で使っているドリル

幼児用のドリルは楽しみながら ピアノを弾く前には、音符の読み方、拍の数え方、鍵盤 …

うれしい
この頃、うれしかったこと

不器用な男の子 男の子の生徒さんは、女の子に比べて、指がうまく動かないことが多い …

デージーの花
平成29年度、安城市内の小学校の入学式です

4月6日、ご入学おめでとうございます 今日は、安城市内の小学校の入学式でした。 …

ピアノ楽譜
自分で楽譜を開くこと・・2分の節約

楽譜を自分で開く重要性 レッスン室に元気に来て、楽譜をポンと置いて座り、弾き始め …

合唱 ピアノ伴奏 画像 
学校の合唱のピアノ伴奏を引き受けること

これから、学芸会、文化祭、合唱コンクールの季節です きしたピアノ教室でも、規約に …

合唱のピアノ伴奏
学校でピアノの伴奏者に選ばれるということ

ただいま、伴奏の子のレッスン真っ最中 いつも、レッスンに通ってきてくれる男の子。 …

ピアニストの脳
ピアノの指使いって決まっているの?

基本的な指使いは決まっています ピアノの鍵盤は88鍵。 たった5本しかない指、両 …

きしたピアノ教室夏休みの宿題
ピアノ教室の夏休みの宿題

「ピアノを習っている」と言えるために 毎朝、前の百々目木(どどめぎ)公園のセミの …

お盆休み明けのピアノレッスン

練習できたお休み。出来なかったお休み。 安城市では、お盆休みは、結構遠くに旅行す …