絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

ピアノ教室でのドリル・ワーク

   

おんぷ・にこにこ・ワーク4が終わりました。

おんぷ・にこにこ・ワーク

もう、レッスンが軌道にのってくると、少し説明だけして、宿題になることが多いドリルやワーク。

大体、毎週1ページの宿題なので、年間で約40ページくらい、出来ます。

今は本当に、いろいろなドリルが出ていて迷います。

ぬりえから始まる小さいお子さん向けのもの、聴音つきのもの、リズムがかなり入っているものまで、さまざまです。

シリーズで1からずっと使っていくと、弾いているほうが早く進み、ドリルは追いかけてやることになりますが、書いて覚えることも大事だと思い、あまり抜かないようにしっかりやっています。

はじめのころは幼稚園児だったのね

とおんきごうとへおんきごう

おととし、昨年にかけては、週1しか私がレッスンができない状況の中、通い続けてくれている生徒さん。

今日、表紙に「たいへんよくできました」のシールを貼りながら、一番最初をいっしょに見てみました。

「あれっ、こんなので100点もらってる!!」とご本人の弁。

「そうだよね。幼稚園のころだから、ト音記号を書くのも、難しかったんだよね。」とふり返りました。

小さい生徒さんに教えるときには、始めは簡単に右手と左手として記号を覚えてもらっています。

 

それから、ページをパラパラとめくり、途中。

ピアノのリズム

このリズムを書くページにはてこずり、何度も消したあとがあります。

あまりに、間違いが多い時には、私は直しをもう1週間かけてやってきてもらいます。

かわいいアメで書いてあるけれど、おんぷ、きゅうふを分けて考えて書くのも、いい勉強です。

 

ピアノのワーク

「きれいなところも撮って。」と言われたので、こんなページも。

ト音記号のドレミファソ、ヘ音記号のドレミファソの復習のところです。

すらすら、書けています。

ピアノを弾くだけでは覚えにくいことを、書くことで覚える大切さ

特に最初の頃は、ト音記号、ヘ音記号を書くだけでも大変です。

何週がやらないと場所が分からなくなっています。

やはり、定着にはくりかえしが大切。

ブルグミュラーまで進んだ生徒さんの場合でも、「ファにシャープを書いて」と言うと、音符の右側にシャープを書いたりします。

いつも見ているはずの、シャープがどちらか分からなくなるのです。

これは、漢字を覚えるのと同じ。

手を動かしたほうが、早く覚えます。

それから、何回も出てきて、くりかえすこと。

そのためには、今のドリルやワークは、とてもうまく出来ていると思います。

週に1ページでいいから手を動かして、音楽の仕組みを覚えること。

学校の音楽にも強くなると思って、続けています。

 - 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピアノ教室玄関
きしたピアノ教室の冬じたく

玄関にはインフルエンザ予防を 最近は、夕方暗くなるのが早くなってきました。 そし …

ピアニストの脳
ピアノの指使いって決まっているの?

基本的な指使いは決まっています ピアノの鍵盤は88鍵。 たった5本しかない指、両 …

ソラシドレのカード
ピアノの書くレッスン、読むレッスン

ソラシドレのカードを使って読むレッスン 先日作ったカードを、実際に2人の生徒さん …

うれしい
この頃、うれしかったこと

不器用な男の子 男の子の生徒さんは、女の子に比べて、指がうまく動かないことが多い …

リズムの本2
30分のピアノの個人レッスンですること

ピアノレッスンの始めの5分 30分のレッスン、なかなか長いようでもありますが、い …

安城市の風景4月
4月なのに寒いですね

安城は麦の穂が揺れています 昨日、今日と、4月とは思えない寒さです。今朝はまた …

お盆休み明けのピアノレッスン

練習できたお休み。出来なかったお休み。 安城市では、お盆休みは、結構遠くに旅行す …

ピアノを弾く女の子
やっといつものピアノ教室に戻りつつあります

きしたピアノ教室、やっと通常です 子供は夏休みでも、お母さんお父さんは、忙しく7 …

ピアノコンクールおめでとう
夏休みにピアノコンクールでがんばった生徒さん

Hちゃん、グレンツェンコンクール入賞、おめでとう この夏は、自分も含め、3つのコ …

3度の指使い
個人レッスンでしっかり習うピアノテクニック

ツェルニー30番へ入るための教本を使って もう、ブルグミュラーを何曲か終えている …