絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

学校でピアノの伴奏者に選ばれるということ

      2017/02/02

ただいま、伴奏の子のレッスン真っ最中

いつも、レッスンに通ってきてくれる男の子。

学芸会の伴奏のオーディションに向けて、頑張っています。

特に小学校低学年の学芸会の伴奏というのは、先生の手書きの楽譜であることも多く、本当はもっと簡単にしてあげたいところです。

簡単で上手に聴こえる、これが一番やる気が出ます。

でも、そんなことは言っていられないので、他の本は今週は少な目にして猛練習です。

オーディションに受かって、本番で弾いてくれるといいな、と願っています。

小学生は、ピアノを習っている子は多くても、みんなの前では弾きたくない、という性格の子もいます。

せっかく、自分から手を挙げたのだから、なにかしら結果が残ると自信につながりますね。

中学生の文化祭の合唱のピアノ伴奏の練習

合唱のピアノ伴奏今回は、文化祭までだけの中学生のレッスンをお受けしました。

こういう風に、近所のピアノの先生という風に、気楽に来て下さるとうれしいですね。

もともと、音符も読めて弾ける子なので、いかにコツを教えてあげられるかです。

中学生は、合唱曲そのままを、しっかり弾かなければならず大変。

テクニックもかなり込み入っています。

まずは、指使いを書き入れて、弾き方の分からないところを聞きました。

今はYou Tubeで、いくらでも曲は聞くことができるけれど、そこに至るまでの練習の仕方は教わったほうが早いと思います。

私がゆっくり弾いて見せたり、手の交差の仕方を変えたり、和音の中の音を抜いたりと、その子に合ったやり方で楽に弾ける方法を考えます。

私も小中と合唱部でNHKコンクールの伴奏をしていたのですが、比べものにならないほど、今の曲は現代っぽくて本当に難しいです。

合唱の伴奏で大切なこと

何といっても、止まらないことです。

多少、間違えた音を弾いても、音が抜けても、どんどん弾いていくのが一番。

2つ目は、テンポの安定です。

歌を引っ張っていくのはいいけれど、ひとりよがりになってはダメ。

簡単なところや、盛り上がっている所は自分の思っているテンポよりも、実は速くなっている場合が多いです。

3つ目は、左手がベース、右手が和音という場合が多いので、その時はベースの音をはっきりリズムで刻んであげると、歌いやすいと思います。

 

合わせ練習に入ると、ピアノと歌の息継ぎを揃えたり、強弱のバランスを考えたりと、またいろいろな気を付けることが出てきます。

曲のイントロと間奏部分は、ピアノが主役ですので、きれいに弾けるといいですね。

学校で、自分の伴奏にのってみんなが歌ってくれるというのは、とても気持ちがいいものです。

普段のピアノの練習や発表会とはまた違う華やかさを、是非味わって下さい。

 - 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピアノ指番号ゲーム
ピアノの指使い、すぐできるゲームを作りました

ピアノ、両手になると指使いが??? 指使い、私はとっても大切だと思っています。 …

くおんのおんぷシール
音符を読めるようにするシール活用

おんぷシール活用 先週は暑かったのと、学校や幼稚園がもうすぐ夏休みに入るので、ち …

ブルグミュラー25の練習曲
ピアノの初級が終わったみなさんに「ブルグミュラー25番」

「ブルグミュラー25の練習曲」とは? ピアノを初めて、3年くらいすると、一段階レ …

ピアノの記号
ピアノ楽譜の記号って難しい?

今日のレッスンは 1年生になったばかりの男の子。 いつもいろいろなお話を聞かせて …

3度の指使い
個人レッスンでしっかり習うピアノテクニック

ツェルニー30番へ入るための教本を使って もう、ブルグミュラーを何曲か終えている …

ピアノを弾く手の形
ピアノを弾く手を作るお手玉

基本は丸い手 ピアノは、どんな指でも、ある程度の力があれば音が出ます。 なのに、 …

きしたピアノ教室夏休みの宿題
ピアノ教室の夏休みの宿題

「ピアノを習っている」と言えるために 毎朝、前の百々目木(どどめぎ)公園のセミの …

ピアノ楽譜
自分で楽譜を開くこと・・2分の節約

楽譜を自分で開く重要性 レッスン室に元気に来て、楽譜をポンと置いて座り、弾き始め …

ピアノを弾く女の子
やっといつものピアノ教室に戻りつつあります

きしたピアノ教室、やっと通常です 子供は夏休みでも、お母さんお父さんは、忙しく7 …

ソラシドレのカード
ピアノの書くレッスン、読むレッスン

ソラシドレのカードを使って読むレッスン 先日作ったカードを、実際に2人の生徒さん …