絶対音感が身につくレッスン。安城市・三河安城駅付近でピアノ教室をお探しなら、お気軽にお電話ください。

きしたピアノ教室@安城市

個人レッスンでしっかり習うピアノテクニック

      2017/02/02

ツェルニー30番へ入るための教本を使って

もう、ブルグミュラーを何曲か終えている生徒さん。

他に、ハノンとギロックも使っています。

今日は、ツェルニーで苦戦しているところをじっくりと。

3度の指使い

ツェルニー110番練習曲の11番から持ってきたと思われます。

指使いが原典版とは少し違いますが、この方がやりやすいでしょう。

ここの最初の部分の右手。

スラーがかかっています。

普通に弾いたら絶対に切れてしまうこの音形。

でも、青で書いてある「ミを先にはなす」これができれば、耳の錯覚を利用できます。

ドミのドーが伸びているのでなんとなくなめらかに聴こえるのです。

すごく、スローモーションでお手本を見せました。

そして、マネ。

3度のレガート1

ドミーを弾いて、そうそう、そのままちょっとだけ手首を上にぬいて、ミだけ一瞬先に離して・・

3度のレガート2

ミソーに・・・上手。

きれいになめらかに聴こえました。

ツェルニーはみんな苦手?

確かにおもしろい曲はないですね。

私も、キライでした。

でも、曲の作りやマスターしようとしている目的が明確です。

上の曲は実は、左手の音階練習を目的としているもの。

でもプラスアルファで右手に3度の重音の進行をたくさん出してきている曲です。

ポイントさえしっかり弾ければ、次に同じようなものが出てきたときに、確実に楽に弾けるようになります。

ツェルニーの曲の作りは、いつも最後の4小節か2小節の左手に特徴があります。

和音進行は、基本に忠実で独特です。

「お人形の夢と目覚め」の曲にも

ありますね、こういうところ。

3~4小節目の部分です。お人形の夢と目覚め

これはさっきのツェルニーとは逆で、ミソが先に来るのですが、やり方は同じ。

ミをほんの一瞬先に離して、ドミをそっと置くパターン。

こういう細かなテクニックを先生が見せて、それを生徒さんが見て弾いて覚えるというのは、個人レッスンの強味ですね。

生徒さんのクセや指使いなど、見抜ける先生でありたいです。

 - ピアノ練習について, 今日のレッスンの内容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピアノ楽譜
自分で楽譜を開くこと・・2分の節約

楽譜を自分で開く重要性 レッスン室に元気に来て、楽譜をポンと置いて座り、弾き始め …

デージーの花
平成29年度、安城市内の小学校の入学式です

4月6日、ご入学おめでとうございます 今日は、安城市内の小学校の入学式でした。 …

合唱のピアノ伴奏
学校でピアノの伴奏者に選ばれるということ

ただいま、伴奏の子のレッスン真っ最中 いつも、レッスンに通ってきてくれる男の子。 …

Yちゃん写譜
ピアノ教室の夏休みの宿題

写譜・・・楽譜を写すということ 昨日も今日も、安城は暑い、暑い、暑い。バテていま …

ピアノを弾く女の子
やっといつものピアノ教室に戻りつつあります

きしたピアノ教室、やっと通常です 子供は夏休みでも、お母さんお父さんは、忙しく7 …

安城市きしたピアノ教室玄関
1月15日、今朝の安城市、雪景色

きしたピアノ教室の玄関も 昨日の夜から、激しく雪が降りましたね。 この冬初の積雪 …

きしたピアノ教室きまり
ピアノ教室でのマナー、困った生徒さんのマナーはただ1つ

きしたピアノ教室、レッスンについてのきまりのプリント きしたピアノ教室では、入会 …

合唱 ピアノ伴奏 画像 
学校の合唱のピアノ伴奏を引き受けること

これから、学芸会、文化祭、合唱コンクールの季節です きしたピアノ教室でも、規約に …

ピアノコンクールおめでとう
夏休みにピアノコンクールでがんばった生徒さん

Hちゃん、グレンツェンコンクール入賞、おめでとう この夏は、自分も含め、3つのコ …

インフルエンザ
安城でもインフルエンザが流行の兆し

ピアノの先生からの生徒さんへ言い訳返し 寒い日が続いています。 生徒さんに聞くと …